僕の魔法の黄色い靴

こころの成長計算式 ( 気質 + 性格 + 人格 = その人らしさ )

「 あなたの性格は ? 」と問われて・・・意外とよく判らないものではないですか・・・?
我々は両親から誕生しました。顔かたちが似ているように 遺伝により性格も似ています。
その遺伝率は 一般的には30%位だといわれていますが 最初から ( オギャーと生まれて )
性格が形成されている訳ではないのです。形成に関与しているのが脳の「 前頭葉 」です。
前頭葉の発達・発育の順番に・・・
1. 気質 ( temperament ) = 両親の気質が遺伝により 備わって誕生して来ます。
  気質とは 先天的に持っている刺激などに反応する行動の特性を意味しています。
  temperament語源は 古代ギリシャの医学者 : ヒポクラテス の学説「 四体液説 」に
  由来するとされています。これは 人間の身体の構成要素は四種類の体液でできている
  というもので「 血液・粘液・胆汁・水 」です。このバランスで健康が保たれるとした
  ものです。同じ語句で 音楽用語では「 音律 」と訳されてもいます。
2. 性格 ( character ) = 脳の成長 ( 前頭葉 ) に併せて 体験がプログラムされていきます。
  性格とは 気質から作られる行動や意欲の傾向を意味します。
  characterは「 刻み込むもの 」と訳されます。( キティーちゃんなどは特徴の意味 ? )
  赤ちゃんは 毎日が「 未知との遭遇 」です。熱いものを覚えたり 苦い味を体験したり
  それらの体験・経験が脳に記憶され 身を守る「 術 」を脳に刻み込んでいきます。
3. 人格 ( personality ) = 前頭葉は18歳位で成熟します。これからが人格の形成期です。
  近代において 最も影響力のあるプロイセン王国の思想家哲学者 : イマヌエル・カントは
  ー immanuel kant ー ( 1724~1804 ) 「 人間が持つ道徳法則 ( 道徳律と同義。行為
  の道徳的基礎であり規範であること ) の主体としての性質 」を「 人格 」と言っています。
  personalityの語源は ラテン語の persona ( 演劇や実社会における役割の意味 ) からで
  更に persona は元々ギリシャ語の「 仮面 」の意味を持っています。
  成長により獲得してきた「 性格 」を応用しながら表現するのが「 人格 」と言えます。

                    [ 要約 ]
我々は この世に両親の遺伝的「 気質 」を受け継いで誕生しました。しかしこの時点では
前頭葉は白紙の状態なんです。( 前頭葉は 情報の処理・判断・行動の機能の中枢です。)
育児されることで様々な体験をしたり 喜びや寂しさの感情なども味わってみたりします。
更に成長し 幼稚園・保育園 次いで 学校教育が参入してきます。ともだちもできて 新たな
出来事が前頭葉に刺激を与え 家庭という小社会から 学校という中社会で生きて行く為の
ルールや道徳の成り立ちを刻み込んでいきます。( 教育もさることながら ともだちの存在
が刻み込み作業に大きな影響を与えます。) こうして 前頭葉も成長し「 性格 」が形作ら
れていくのです。( この時期に 引きこもりや虐待 トラウマ体験で 歪んだ性格形成や 場合
によっては脳の気質的・機能的異常が生じることがわかっています。)
18歳位で前頭葉が成熟すると ほぼ「 性格 」も熟してきます。多感期にあたりますよね。
「 性格の熟成度 」を上げるのは 私は「 恋をする 」ことだと考えています。 ( 余談 )
      さあ ! いよいよ大社会と言う荒波の海への出航です・・・!
今迄よりも大勢の それも 不特定多数の「 人間 」との交流が始まります。そして 様々な
場面にも遭遇するようになります。その時々に その場面に即した仮面「 性格 」を付けて
対応するようになります。この使い分けを「 人格 」と言い表すことができます。
「 人格の評価 」は相対した人から受けるようにもなります。
「 気質 」「 性格 」は 前頭葉の成長・熟成に準じてきました。基盤である「 気質 」の
上に 経験・体験で刻み込まれた「 性格 」が重なって成長してきました。
前頭葉の成熟と共に「 性格形成 」も目的が達成されました。しかし 実はここからが
大切な「 その人らしさ 」の「 こころの形 」が創られていくのです。「 人格の形成 」
です。
「 その人らしさ・豊かな心・優れた人格 」の形成に一番大切なことは「 感動する 」こと
だと考えています。古きより「 芸術・音楽・美しい景色・出会い など 」が大切にされて
きたのは「 人格形成 」に必要なものだからなんです。
多感期に成熟した「 性格 」の上に 「 感動する 」という情動が「 人格 」という人間味
を熟成させていくのです。
あまり歪まずに成熟した「 性格 」に 沢山「 感動・感激 」した刺激は 限りなく円形に
近い「 人格 」を上乗せ形成 ( それも 柔軟な ) していきます。( 丸い性格・丸い人間 )
 「 良い人格形成 」は 生涯成長し続けます。だから「 感動・感激しましょう ! 」
          人格は その人の「 こころそのものです。」
すなわち「 こころの成長計算式は 気質 + 性格 + 人格 = その人らしさ 」となる訳です。

b0070796_2239273.jpg
b0070796_22391112.gif
[PR]
by m-kanbara | 2010-03-28 17:02

僕の気ままな絵日記
by m-kanbara
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな