僕の魔法の黄色い靴

「 茗荷 」( みょうが ) のお話を一席・・・ !

日本独自の香味野菜の ひとつ " 茗荷 " ・・・。
夏の風物詩のひとつですよね。
海外旅行から帰ってきて 一番に食べたくなる物のひとつとか・・・。

" 茗荷 " の名前の由来は・・・
お釈迦様の弟子の 周利槃特( しゅりはんどく )さんは 物忘れの
名人で 自分の名前も忘れてしまう。
お釈迦様は 槃特さんの首に名札を付けたそうです。
でも 槃特さんは 死ぬまで名前を覚える事が出来ませんでした。
死んだ 周利槃特さんのお墓に 見慣れない草が生えてきました。
そこで「彼は 自分の名前を荷なって苦労した。」ということで
「名」を「荷なう」ことから 「茗荷」と名付けたそうです。
この話から 茗荷を食べると物忘れがひどくなる俗説が生まれました。

このお話は 古典落語の「 粗忽の使者 」等で " まくら " に使われます。
実は 私は「 茗荷 」・・・大の " にがてな " 野菜のひとつなんですよ。
でも 物忘れは 槃特さんと肩を並べるレベルに到達しています。

b0070796_16253636.jpgb0070796_16282664.jpg
[PR]
by m-kanbara | 2008-08-13 16:32

僕の気ままな絵日記
by m-kanbara
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな